2012年03月23日

Googleカレンダー パソコン起動時にチェック


Googleカレンダーをデスクトップに常に表示させ、パソコン起動時にすぐに

スケジュール確認ができます。

予定を確認するためにブラウザを起動してGoogleカレンダーをチェックする手間が省略できます。

Googleカレンダーをデスクトップに常に表示させるには「限定公開URL」というものを活用します。

このURLをデスクトップ上に常に表示させる設定をしていきます。

※Windows XPの機能のため、Vistaでは使用できません。

※限定公開URLは、自分専用のアドレスなので他のユーザーと共有しないよう注意しましょう。

限定公開URLは、Googleカレンダーの設定画面で確認することができます。

1.Googleカレンダーを表示し、「設定」をクリック

2.[カレンダー]タブを選択し、限定公開URLを知りたいカレンダーを選択する

3.詳細設定画面が表示されたら、一番下の「限定公開URL」にある[HTML]をクリックし

表示された限定公開URLをコピー

4.「限定公開URL」の[HTML]をクリックする

5.[スタート]>[コントロールパネル]>[デスクトップの表示とテーマ]>[画面]を選択

6.[画面のプロパティ]が表示されるので、[デスクトップ]タブを選択

7.[デスクトップ項目]ダイアログボックスが表示されるので、
[デスクトップのカスタマイズ]をクリックし、[Web]タブを選択し、[新規]をクリックする

8.[Web]タブで[新規]をクリックする

9.[新規のデスクトップ項目]ダイアログボックスが表示されたら、[場所]にコピーした

限定公開URLを貼り付け、[OK]をクリック

10.順々に開いているダイアログボックスを[OK]で閉じると、設定は完了

スケジュールをクリックし、「詳細」を選択すると、ブラウザが起動して修正や確認ができます。

Googleスケジュールを変更した場合は、メニューから[同期]を選択すればデスクトップ上の

カレンダーにも反映できる。

表示されたGoogleカレンダーは、自由に大きさを変更することができます。


posted by Googleカレンダー色々紹介者 at 23:00 | カレンダー便利機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。